学べること

服飾に特化

ファッションの専門学校で学べることは様々ですが、基本的にはどれも服飾に特化したものがほとんどです。
服飾といっても衣類だけではなく、靴や鞄などの小物類についても学ぶことができます。
ファッション専門学校といっても、服飾全般について学べるところや衣類に特化して学ぶところなど様々です。
衣類を専門にしたところでは、カラーコーディネートや服の製造工程に加えて、ファッションのスタイリングやコーディネートの基礎などを学ぶことが可能です。
こうした衣類に特化した専門学校からは、ファッションデザイナーやコーディネーター、パンタナーを目指している人が多くいます。
最近ではファッションの1つとしてメイクについて学ぶことができる専門学校もあるので、もし総合的に学びたいのであれば全ジャンルがミックスされた専門学校に通うと良いでしょう。

最近では

ファッションの仕事といってもデザインやコーディネートする人だけではなく、企業経営における企画やバイヤーなどの仕事もあります。
将来自分自身のブランドをつくりたいというのであれば、ビジネスについても学ぶ必要があります。
ファッション専門学校の中には、ブランド経営広告、生産などのファッションに特化した流通について学べる専門学校もあります。
そういったビジネスについて重点を置いた専門学校では、制作について学ぶことは少ないですが、将来経営したい人にとってはかなり深い部分まで学ぶことができます。
ビジネスをメインにする場合でも、ファッションの制作からデザインまでの知識はある程度身に付けておく必要があるので、ファッションに特化したビジネスをしていきたいというのであれば大学よりも専門学校を選ぶのが良いでしょう。

ページのトップへ戻る