将来就ける仕事

進路は様々

ファション専門学校に通う生徒の中には、専門学校に通い出してから将来の夢を決めるという人もいます。
そういう人の場合であれば、ファッション全般について学ぶことができる学校を選ぶのが良いです。
基本的にファッションを専門とした学校を卒業して就ける仕事は、デザイナーからスタイリスト、アドバイザーなど様々です。
特に人気があるのは制作側のデザイナーやパンタナーと呼ばれる仕事です。
この仕事では、ファッションブランドで制作される服飾全般に大きく関わる仕事になるので、好きなブランドがあってその服をデザインしていきたいという人は制作にまつわることを学べる専門学校を選ぶと良いです。
加えて人気があるのがコーディネーターやアドバイザーと呼ばれる仕事です。
これらの仕事は、ファッションブランドにおいてシーズンごとのブランドテーマを決める際にも活躍する仕事になります。
芸能人などがテレビに出る時に着る衣装を考えるのもコーディネーターの仕事になります。

ビジネスシーンでは

ファッション専門学校卒業後すぐに自分のブランドを立ち上げる人もいます。
特に企業経営をメインに行いたいという夢を持ち、なおかつファッションに特化したブランドが良いという人に多い進路になります。
また、ファッションブランドの中でも買い付けや企画を行うバイヤーやマーチャンダイザーなどの仕事もファッション専門学校卒業後就ける仕事になります。
ほとんどの人は、どの仕事に就くにしても、ファッションが好きという気持ちをベースにして進路を決めています。
このように、専門学校卒業後はかなり幅広い場所で活躍することができます。

ページのトップへ戻る